070-4398-7926

ブログ

2018/05/04(金)

【薬を飲むその前に!】のどの痛み セルフケア

カテゴリー:セルフケア, 腰痛 呼吸

 

こんにちは!!

世田谷区二子玉川で唯一の慢性腰痛専門院
鍼灸・整体院WATO 院長の野口です!

本日も慢性腰痛のあなたに腰痛改善のための
ヒントやアイディアをお届けしていきたいと思います。

昨日の雨で空気がジメジメして来ましたね。
エアコンを付け始めた方も多いのではないでしょうか。

季節の変わり目で体調の崩しやすい時期ですね。
利用していただいている方でも喉の調子が悪い、

という方もちらほらと見受けられます。
そこで今回は喉の痛みを改善する方法をお伝えします!

【薬を飲む前に!】のどの痛み セルフケア
世田谷区二子玉川で唯一の慢性腰痛専門院 鍼灸整体院WATO

【薬を飲む前に!】のどの痛み セルフケア

喉の痛みの原因というと
風邪、乾燥、疲労など、原因は様々ありますが

大きな原因の一つとして
呼吸の浅さということがあります。

先ほど挙げた原因の風邪、乾燥、疲労というのも
呼吸が浅いことで引き起こしやすくなります。

呼吸が浅いと大気中の水分の取り込みが減るため
喉が乾燥しやすくなります。

また、乾燥することでウイルスや細菌の繁殖が
引き起こされやすくなります。

さらに呼吸が浅くなると
活動中に活発な交感神経が落ち着かず、

休む時に重要な副交感神経への切替が
うまくいかなくなり疲労の蓄積を生みます。

ですので、呼吸を少し深くしてあげるだけでも
風邪や乾燥、疲労を未然に防ぐことができ、

喉の痛みも改善することが期待できます。
薬を服用することも有効な手段ですが、

服用する前にお試しするのはいかがでしょうか。

セルフケアの方法としては
鎖骨の下を軽くマッサージするだけでオッケーです!

鎖骨の下には小胸筋や鎖骨下筋など
呼吸を補助する筋肉もあれば、

東洋医学で経絡の肺経が
手から胸、肺へとつながっているため、

どちらの説明でもいいのですが、、、
どちらにしても鎖骨下をケアすることが改善策となります。

やり方は簡単!!
鎖骨下をゆっくりと指で押しておくだけ!

鎖骨から筋肉を引き剥がすようなイメージで
上から下に押していくと良いと思います!

片方、3〜5回ずつ繰り返し行います。

先ほどよりも深く呼吸ができるのが感じられると思います。

これで全て解決する訳ではありませんが、
薬を服用する前に、日頃のケアの一つとしてお試しください!

【薬を飲む前に!】のどの痛み セルフケア
世田谷区二子玉川で唯一の慢性腰痛専門院 鍼灸整体院WATO

【薬を飲む前に!】のどの痛み セルフケア

初回お試しキャンペーンはこちら

無料相談・お問い合わせはこちら

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

ぎっくり腰

すべり症

産後骨盤矯正

世田谷区二子玉川で唯一の慢性腰痛専門院
鍼灸・整体院WATO
院長 野口歩